鯖ログ

レンタルサーバーのお試しブログ

海外レンタルサーバー『フレンドサーバー』を試してみた

      2016/01/02

medium_8681750288FC2の国内運営会社が家宅捜査を受けるようです。無料のFC2ブログでは、たくさんのアダルトアフィリエイトが運営されているので影響が出なければ良いですね。

さて、今回の記事はアダルト・アフィリエイト用のサーバー選びについてです。

アダルトコンテンツの掲載を許可しているレンタルサーバーは、国内ではFC2KAGOYA、それに僕も借りているFUTOKAレンタルサーバーくらいしかありませんが、海外にはたくさんあります。

でも、サポートへの問合せに英語が必要であるなどハードルが高く、悪質な業者かもしれないと申込を躊躇してしまう人もいます。そういう僕もなかなか申し込めなかったのですが、今回思い切って試してみましたよ!

photo credit: Beraldo Leal via photopin cc

アダルトOKのレンタルサーバー3社のデモと比較

決め手は日本語サポートあり

今回、僕が申し込んでみたのはフレンドサーバーです。料金が安く、高スペックであることは当然として、決めては日本語サポートがあることでした。日本語サポートがなくても、Google翻訳があれば何とかなりますが、やっぱり日本語で連絡できるのは心強いです。

サーバー性能は高スペック

さて、肝心のサーバーのスペックです。申し込んだのは月額4.8$のベーシックプランです。

  • 月額料金:4.8$
  • ディスク容量:7GB
  • 独自ドメイン:無制限
  • MySQL:無制限
  • データ転送量:300GB/月

この内容で実際に動かしているデモサイトを公開しました。参考にしてください。

フレンドサーバーのデモサイトはこちら

フレンドサーバーでは申込後に、契約プランのグレードアップディスク容量・転送容量の追加などのカスタマイズを管理画面上で行えるので使い勝手も結構良いです。また、日本語のセットアップマニュアルも準備されているので、サーバーの申込からウェブサイトの公開までスムーズに行えました。

実際の表示速度

表示速度はデモサイトをご覧頂ければわかりますが、ベーシックプランでも十分なスピードです。

サイト表示スピード測定を使って、このブログとデモサイトの表示速度を比較した結果は次のとおりです。

サイトサーバーサイトのページ数表示速度(秒)測定の時間帯
A(このブログ)WPX45(1) 0.033
(2) 0.031
(3) 0.035
(4) 0.038
(5) 0.032
(6) 0.032
(1)7~8時
(2)14~15時
(3)17~18時
(4)20~21時
(5)22~23時
(6)24~25時
B(デモサイト)フレンドサーバー
Basicプラン
1(1) 0.493
(2) 0.493
(3) 0.491
(4) 0.499
(5) 0.500
(6) 0.494
(1)7~8時
(2)14~15時
(3)17~18時
(4)20~21時
(5)22~23時
(6)24~25時

このブログはWordPressに特化したwpXレンタルサーバーで運営しているので、さすがに敵いませんが、WordPressの高速化等を施さないデフォルト仕様で、このスピードは十分だと思います。

特筆すべきは、アダルトコンテンツOKのレンタルサーバーにありがちな夜間での表示スピードの低下がないことです。WordPress高速化も今回のサーバーでは様子見でいいかなと感じています。

ちなみにGTMetrixで測定した結果は次のとおりです。

デモサイトの測定結果。
GTMTX_fs

こちらがこのブログの測定結果。
GTMTX_wpx

ページ数や容量が違うので一概に比較できませんが、B、Cの評価上も、あと体感上もそんなに大きな違いは感じられません。

 

まとめ

フレンドサーバーはアダルトアフィリエイトに限らず利用しやすいレンタルサーバーだと思います。

アダルト・コンテンツOKのサーバーだと料金や表示速度など何かをガマンしなければならないイメージですが、フレンドサーバーにそういう点は見当たりません。

  • 月額300円からの安い料金
  • 後からプランのグレードアップが可能
  • 日本語サポート24時間365日対応
  • アダルトコンテンツ可能

と、かなり魅力的なサービス内容ではないでしょうか。はじめての海外サーバーに打ってつけのサーバーです。

スポンサードリンク

 - アダルト可, フレンドサーバー, レンタルサーバー