鯖ログ

レンタルサーバーのお試しブログ

FUTOKAレンタルサーバーでのマルチドメイン設定とWordPressインストールの手順

      2016/01/02

12847157713_5507253bf5_b

先日、『GMOクラウドの iCLUSTA+』のマルチドメイン設定とWordPressインストール手順を書いてみて自分で驚きました。思った以上に手間で、使いにくいなと。

で、もう1つのアダルトOK国内レンタルサーバーである「FUTOKAレンタルサーバー」についても、その手順をまとめてみました。こちらは実に使いやすい。

photo credit: WordPress stickers and button BnW via photopin (license)

スポンサードリンク

WordPressインストールまでの手順

FUTOKAレンタルサーバーで、マルチドメイン設定を行ったドメインにWordPressをインストールするために必要な手順は次の2つです。GMOクラウドサーバーは4ステップなので半分で済みます。

  1. ドメインの追加
  2. WordPressのインストール

GMOクラウドサーバーのように、マルチドメイン設定するために数時間を要することはありません。クリックすれば、すぐに使えます。

1. ドメインの追加

まず、最初にすることはドメインの追加です。

FUTOKAレンタルサーバーのコントロールパネルにログインし、ドメインを追加するサーバIDの列にあるサーバーパネルの「ログイン」ボタン(赤枠)をクリックします。
futoka_wordpress1

サーバーパネルにログインした画面で、左側に表示されているメニューの下の方にある「ドメイン設定」をクリックします。

futoka_wordpress2

ドメインの追加画面を開くと、登録済みのドメインが表示されます。その上の関連メニューの中央にある「ドメインの追加設定」ボタンをクリックします。

futoka_wordpress3

次の画面では、追加したいドメインの種類を選択します。今回は、エックスドメインで管理しているドメインを追加したいので、「1.他社のドメインレジストラにて、購入されたドメインを追加する」をクリックします。

futoka_wordpress4

追加するドメインとFTP接続時のパスワードを入力します。また、そのドメインを登録管理しているレジストラの管理画面で、ネームサーバーの設定を行っておきます。

futoka_wordpress5

最後に、「STEP2 ドメインの追加を行いますか?[確認]」ボタンを押して完了です。

 

2. WordPressのインストール

次に、追加したドメインにWordPressをインストールします。

サーバパネルの左側に表示されているメニューの「サイト>自動インストール」をクリックします。

futoka_wordpress6

自動インストール画面では、既にインストール済みのプログラムの一覧が表示されます。その上段の関連メニューにある「プログラムのインストール」をクリックします。

futoka_wordpress7

自動インストール可能なプログラムが表示されます。4つ目のWordPressの列の右端にある「インストール設定」ボタンをクリックします。

futoka_wordpress8

自動インストール画面が表示されます。FUTOKAレンタルサーバーでは、WordPressインストールと同時に新しいMySQLデータベースが作成されるので、MySQLデータベース名では「Creat New Database」を選択します。

また、インストールURLは、先ほど追加したドメインを入力します。GMOクラウドサーバーでは「http://○○○.com/wp」等のサブディレクトリにしかインストールできませんでしたが、FUTOKAレンタルサーバーでは、ドキュメントルート(ドメイン直下)にインストールすることが出来ます。

ここ、FUTOKAレンタルサーバーの大きなメリットです。

futoka_wordpress9

「インストール(確認)」ボタンを押すと、確認画面が表示されるので、内容を確認して「インストール(確定)」ボタンをクリックします。

futoka_wordpress11

これでインストール完了です。WordPressをインストールしたドメインにアクセスすると、WordPressの初期設定画面が表示されます。

futoka_wordpress12

まとめ

前のエントリーに書いたGMOクラウドサーバーでのワードプレス導入に比べて、FUTOKAレンタルサーバーでのマルチドメイン設定とWordPressインストールは、すごく簡単です。インストールの手間は、WordPress専用サーバーの「wpXレンタルサーバー」とほとんど変わりません。

WordPressを活用してアダルトコンテンツを扱うつもりであれば、「FUTOKAレンタルサーバー」でのサイト開設がハードルが低くて取り組みやすいですね。

スポンサードリンク

 - FUTOKAレンタルサーバー, アダルト可, レンタルサーバー