鯖ログ

レンタルサーバーのお試しブログ

アダルトOKのレンタルサーバー3社を使ってみた。

      2016/12/04

adult_server
アダルト系アフィリにチャレンジするために、これまでにアダルトOKの『FUTOKAレンタルサーバー』と『GMOクラウドレンタルサーバー』、『フレンドサーバー』の計3社4プランを借りました。

1年間以上使ったので使用感などまとめてみました。

photo credit: Vodafone Innovation Park Labs via photopin (license)

アダルト可の各レンタルサーバーの表示スピード

アダルトサイトに限らず、ウェブサイトを運営する上でサイトの表示スピードは極めて重要です。Googleの評価に影響しますし、サイト表示に4秒以上かかると訪問者が離脱してしまうというデータもあります。

特に、アダルトOKのサーバー夜間にアクセスが集中する傾向にあるため、夜間でも表示スピードが低下しない堅固なサーバーを選ぶ必要がありますよね。

下の表は、僕が借りているアダルトOKのレンタルサーバー3社4プランのスピードテストの結果です。各サーバーにほぼ同じ容量(600KB前後)のテスト用ページを設置し、pingdomGTmetrixの2つで、22~23時台にテストを行いました。

サーバー
プラン名
利用料金(税別)
pingdom
RoadTime
GTmetrix
RoadTime
FUTOKA
スタンダードプラン
料金2,080円/月
年払1,980円/月
5.19秒3.2秒
(1) 5.66s
(2) 3.28s
(3) 6.63s
(1) 3.2s
(2) 3.5s
(3) 2.9s
GMOクラウド
ミニプラン
月額1,315円
年払 934円
8.02秒3.86秒
(1) 9.06s
(2) 4.91s
(3) 10.08s
(1) 4.0s
(2) 4.1s
(3) 3.5s
フレンドサーバー
ベーシックプラン
月額4.8$(約580円)
3.25秒1.13秒
(1) 2.77s
(2) 3.65s
(3) 3.33s
(1) 1.1s
(2) 1.0s
(3) 1.3s
フレンドサーバー
スーパースタンダードプラン
月額16$(約1,980円)
2.74秒1.03秒
(1) 2.88s
(2) 2.62s
(3) 2.72s
(1) 0.9s
(2) 1.3s
(3) 0.9s

※pingdomのテストサーバーは(1)Amsterdam、(2)Melbourne、(3)Stockholmを使用。GTmetrixは(1)~(3)共にVancouverです。

結果:最速はフレンドサーバー

ご覧のとおり、最速はフレンドサーバーです。また、フレンドサーバーでもSSD搭載の高速サーバーを使用しているスーパースタンダードプランの方がわずかに早くなっています。

実際にサイトを表示させた時の感覚もこの結果と一致します。

僕の場合、FUTOKAレンタルサーバーは少し遅く感じるのでWordPress高速化をして使っていますし、GMOクラウドはほとんど使っていません。

これからアダルトアフィリエイトのサイトを設置するのであれば、フレンドサーバーで間違いないでしょう。



その他のサーバー機能の比較

表示速度はフレンドサーバーが他2社に差をつけていますが、その他の仕様の比較は次のとおりです。

転送量:無制限はフレンドサーバー(スーパースタンダード)

アダルトサイトのうち、エロ画像等を多く掲載するアダルトブログ等はアクセス数が多くなります。多量のトラフィックをさばくために、大量のデータ転送に耐えられる転送容量がなければなりません。

サーバー
プラン名
利用料金(税別)
転送容量備考
FUTOKA
スタンダードプラン
料金2,080円/月
年払1,980円/月
無制限上限目安
20GB/日
GMOクラウド
ミニプラン
月額1,315円
年払 934円
同時アクセス60
フレンドサーバー
ベーシックプラン
月額4.8$(約580円)
300GB/月アップグレード可能
フレンドサーバー
スーパースタンダードプラン
月額16$(約1,980円)
無制限

転送量無制限、つまり転送量を気にする必要がないサーバーはフレンドサーバー(スーパースタンダード)だけです。一方、FUTOKAフレンドサーバーは転送量無制限といいながら20GB/日を上限の目安としているので、実質600GB/月の転送量です。

WEBサイトのコンテンツ等(画像データ、動画データ、WEBに関する各種ファイル)にもよりますが、一般的なサイトの場合、20GB/日の転送量で概ね月間50万PV程度までが許容範囲です。アダルトサイトの場合は画像データ等が多くなるため、実際は50万PVまで耐えられないかもしれません。サイトがそれ以上に成長するとプラン変更する必要があります。

もし、サイトが成長してアクセス数が増えていくことを考えると、申込み後に転送容量の追加やプランのアップグレードを管理画面上で行えるフレンドサーバーの各プラン(ミニ、ベーシック、スタンダード、アドバンス、プレミアム)を使うか、転送量無制限のスーパースタンダードプラン、スーパープレミアムプランを選んでおけば安心できるでしょう。

なお、フレンドサーバーの各プランを選択する場合は、ドメイン数やデータベース数が無制限となるベーシックプラン(月額4.8$ 約600円)以上がおすすめです。

WordPressインストール機能:簡単さはFUTOKA。フレンドサーバーも使いやすい

アダルトブログの運営にWordPressを使う場合、FUTOKAレンタルサーバーの使いやすさが際立ちます。

ドメインの追加やWordPressのインストールなどはGMOクラウドに比較すると圧倒的に簡単です。このブログで利用しているWordPress専用サーバー「WPX」並みの簡単さです。

GMOクラウドでは、ドメインの追加、データベースの追加、PHPの設定などWordPressのインストールまでに何ステップか踏む必要があります。特にGMOクラウドレンタルサーバーの場合は設定に時間も要します。

(参考ページ)GMOクラウドサーバーでのマルチドメイン設定

これに対してFUTOKAレンタルサーバーは、ドメイン追加とインストールの2ステップ、数クリックでワードプレスが使えます。しかも、ルートディレクトリにインストールできるので、インストール後にFTP接続して「.htaccess」や「index.php」を操作する必要はありません。

FUTOKAレンタルサーバーは、WordPress設定のしやすさの点でレンタルサーバーのなかで最強クラスといえます。

フレンドサーバーも使いやすいのですが、ルートディレクトリに直接インストールできない点で、FUTOKAレンタルサーバーには劣ります。

「.htaccess」や「index.php」の書き換えは、慣れてしまえば簡単ですけどね。

ディスク容量:大容量はGMOクラウド

サーバー
プラン名
利用料金(税別)
転送容量備考
FUTOKA
スタンダードプラン
料金2,080円/月
年払1,980円/月
10GB
GMOクラウド
ミニプラン
月額1,315円
年払 934円
200GB
フレンドサーバー
ベーシックプラン
月額4.8$(約580円)
7GB
フレンドサーバー
スーパースタンダードプラン
月額16$(約1,980円)
10GBSSD

ディスク容量では、GMOクラウドレンタルサーバーが最も大容量です。

わずか月額934円のミニプランでディスク容量は200GBとなっています。レギュラープランなら400GB、プロプランなら600GBと業界最大容量です。アダルトOKのサーバーでこれほど大容量のサーバーは、専用サーバーを借りない限り他を探してもありません。動画を配信することもできるほどです。

一方、FUTOKAレンタルサーバーは10GB~20GB、フレンドサーバーは2GB~60GBになります。この2社で200GBを確保しようとすると専用サーバーを借りなければなりません。

アダルトOKのレンタルサーバー おすすめランキング

低価格なのに高性能!おすすめのフレンドサーバー

アダルトコンテンツが可能なサーバーの多くは海外サーバーです。トラブル時の連絡を英語でしなければならないことや、マニュアルが英語であるため画面操作の方法がよくわからないなど不安を感じる人が多いでしょう。

でも、「フレンドサーバー」なら日本語サポートがあります。
月額利用料も月額3ドル~(約370円~)と格安で始めることができますし、特に、月額16ドル(約1,980円)の「スーパースタンダード」は転送量無制限のプランで、まとめサイトなどアクセスの多いサイト運営にピッタリです!

転送量無制限サーバーを探している人、まずは安くはじめたい人におすすめできるサーバーです。

使いやすさならFUTOKAレンタルサーバー

これまでいくつかのサーバーを試しましたが、WordPressのインストールしやすさでは、アダルト不可のサイトも含めて上位にあります。

サーバーのディスク容量はスタンダードプランで10GB、独自ドメインは10個と十分であり、転送容量は無制限と基本性能は十分です。

WordPressを使ったエログを作成したいけど、WEB制作の初心者で使いやすさを求めるならFUTOKAレンタルサーバーをおすすめします。

ディスク容量を求めるならGMOクラウドサーバー

このサーバーの売りは、ディスク容量です。表示スピードはフレンドサーバーやFUTOKAに敵いませんが、ディスク容量なら圧勝です。
ミニプラン(月額934円~)でもディスク容量200GBもあります。動画のアップロードを考えているならピッタリです。

マルチドメインでのWordPressの利用については手間がかかる弱点はありますが、そのくらいの作業は苦にならない!という人で、大容量を要するサイトを構築するのであれば、GMOクラウドは良い選択肢の1つです。

スポンサードリンク

 - アダルト可, アフィリエイト, レンタルサーバー, 副業